単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

西紅柿肉炒鶏蛋☆中国の定番家庭料理をアレンジ♬

サイトマップ 

中国全土でごく一般的に食されている家庭料理の「西紅柿炒鶏蛋」(シーホンシーチャオジーダン)
西紅柿(トマト)炒(炒め物)鶏蛋(卵) 材料は冷蔵庫に普通にある食材。調理法は、単純迅速、調味料も特別なものは必要なしだから、家庭料理の定番と言われることにも頷ける。

 

jet90.hatenablog.com

で、生で食すことが多いトマトも加熱調理するレシピに使わない手はないと紹介した通りだ。
最近は、中華料理店のメニューにも挙がっている「西紅柿炒鶏蛋」だが、価格の方は「回鍋肉」や「麻婆豆腐」とさほど変わらないのだが、納得できない。
確かに美味しいことに関しては否定しないが、せめて豚肉くらいは使って欲しい。
ならば自分で作ってみることに。。。

 

ということで、レシピです。

 

f:id:jet90:20200830092816j:plain

調理時間:10分
材料費 :300円以下

材 料 (1人分)
 豚バラ薄切り肉(4cm長さ)   100g
 完熟トマト(2cm角切り)    1個
 卵               2個
 ごま油             大さじ2
 S&B塩こしょう         少々
 なるとの塩           二つまみ
 片栗粉             小さじ1
 ☆酒              小さじ2
 ☆淡口醤油           小さじ2
 ☆粉末鶏がらスープ       小さじ1/2
 ☆オイスターソース       小さじ1
 黒胡椒             少々
 薬味ネギ            小さじ1

作り方

1

写真をのせる

豚肉とトマトは、材料欄の通りに切る。
ボウルに卵を割り入れ、なるとの塩、片栗粉を加えてよく溶いておく。
トマトは絶対に完熟がいい!

 

2

写真をのせる

別のボウルに☆の調味料を全て入れてよくかき混ぜて合わせておく。 

 

3

写真をのせる

フライパンにごま油を中火で熱し、溶き卵を流し入れる。
外側の固まりかけた部分を真ん中に寄せるようにして、1/3熟卵くらいまで火を通す。 

 

4

写真をのせる

卵は一旦取り出しておく。 

 

5

写真をのせる

空いたフライパンで豚バラ薄切り肉を炒める。 

 

6

写真をのせる

全体が白っぽくなったら、トマトを加え、トマトを温めるくらいまで炒める。 

 

7

写真をのせる

合わせ調味料を加えて、水分が煮立つまで火を入れる。 

 

8

写真をのせる

火を止めてから卵を戻し入れ、卵を崩しながら混ぜ合わせる。 

 

9

写真をのせる

皿に盛り付け、黒胡椒を挽いて振り、薬味ネギを散らせば出来上がり。 

 

あとがき

見た目は悪いですが、炒めて出てきた汁が旨いので、ご飯に掛けながら頂きます。