単身赴任の独り言 in the jet君'S Kitchen

地元大阪に、愛する妻と二人の息子を残して単身赴任も10年目。基本は、拙い料理のレシピの覚書です。Kitchenでの作業中に一人呟く、料理にまつわるあれこれ、日常の何気ない事、愛する妻とのやり取りや、昔の思い出など「うだ話」も公開してます。

今夜もお家で「町中華」♬ 麻婆茄子

サイトマップ  

麻婆茄子は、四川料理の一つとされているが、日本でアレンジされたものだ。元になった中華料理は「魚香茄子」(茄子と挽き肉の魚香風味炒め煮)で、淡水魚の風味をつけた調味料の「泡辣椒」を使った料理らしい。食べたことないけど。。。

日本における四川料理の祖「陳 健民」により、日本人向けにアレンジされた「麻婆豆腐」はすでに人気を博しており、豆腐を茄子に置き換えた料理として、丸美屋や味の素から合わせ調味料が発売された。
日本人向けに「泡辣椒」を使用しないことで
魚風味はなくなったが、茄子との相性と日本人の味覚に適合して、こちらも今や日本における四川料理の定番となった。

麻婆茄子はここ最近は作ってなかった。年年振りだろう?
我が家では単純に、麻婆豆腐の茄子と豆腐の入替だけで麻婆茄子を作っている。

普段のレシピは、豚挽肉を先に肉味噌にしてから作っていくが、今回「いつものあれ」を使って手抜きして、スープに直接ぶち込んでみる。

と言うことで、いつものあれ

と言うことで、レシピです。

 

f:id:jet90:20200814091048j:plain

調理時間:約15分
材料費 :100円以下

材 料 (1人分)
 長茄子             1個
 片栗粉             適量
 サラダ油(揚げ油)       適量
 挽肉と玉ねぎ炒めたやつ     50g
 サラダ油(炒め用)       小さじ1
 豆板醤             小さじ1
 チューブ入りおろしニンニク   1cm
 チューブ入りおろし生姜     1cm
 粉末鶏がらスープ        小さじ1/2
 水               100ml
 ◆砂糖             小さじ2
 ◆酒              小さじ2
 ◆合わせ味噌          小さじ1
 ◆醤油             小さじ1
 長ネギの白いとこ(みじん切り)    大さじ1
 水溶き片栗粉(水1:片栗粉1)     小さじ2
 酢               小さじ1/2
 長ネギの青いとこ(小口切り)     3cm

作り方

1

写真をのせる

茄子は、4~5cm長さに切って六つ割りに切り、片栗粉を薄く塗しておく。

 

2

写真をのせる

フライパンに1cm深さのサラダ油を180℃に熱し、茄子を投入。
1分程揚げ、薄く色づいたら油を切っておく。
揚げ油はオイルポットに戻す。

 

3

写真をのせる

「使い残した挽き肉は、取り敢えず炒めとけ!」とっても便利!

 

4

写真をのせる

空いたフライパンにサラダ油を熱し、豆板醤、おろしニンニク、おろし生姜を加えて炒め、香りが立ったら3を加えて炒める。

 

5

写真をのせる

粉末鶏がらスープ、水を加えてひと煮立ちさせ、◆の材料を加えて混ぜる。

 

6

写真をのせる

茄子を戻し入れて一混ぜしたら火を止める。
長ネギを加え、かき混ぜながら水溶き片栗粉を投入。
強火にかけて煮立たせとろみが付いたら火を止める。

 

7

写真をのせる

最後に酢を投入サッと混ぜ合わせて器に移し、青いネギを散らせば出来上がり。

 

あとがき

茄子は片栗粉を塗しておくと油を吸いにくくなります。

高温で短時間で揚げれば、更に油っぽくならずに揚がります。

茄子は皮目を下にして揚げ油に投入すると色よく上がります。